excitemusic

本家ブログとは別の何かを書くところ
by funkydrummer59
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

死後の世界

人は死んだら、本当に「天国」か「地獄」に行くのだろうか。
その時、自身の記憶はあるのだろうか。

もし、天国と地獄が本当にあるのだとしたら
あの人は、きっと「天国」にいるだろう。

私は「地獄」に行くのだろうから会う事はきっとない。

一度だけ、きちんと謝りたいとは思っているが、その後は、天国と地獄。別々で構わない。

死してまでまた、あの生活はしたくない。

互いの記憶がないのならいいが……。
[PR]
by funkydrummer59 | 2007-08-23 16:17

「ディーン」カテゴリー5

ユカタン半島。

彼らが予言していた2012年。「世界の終焉」
それは、地震でも隕石でもなく、こういうことなのかもしれない。

「ディーン」ではないにしても、年々、巨大化し、勢力を強めてきている彼らの此の姿を予測していたのだろうか。

この愚かしい「業」を、必ず同じ種類の生き物が犯すことを。
[PR]
by funkydrummer59 | 2007-08-22 00:48

続・謝罪

私も加担し、加速させる一旦を担っている。
受け入れるべき事実。
この巨大な船の悲鳴。

大きな意味では、これも自然淘汰なのかもしれない。
ただ、今までの自然淘汰とは意味は違う気がする。
全てを滅ぼしてしまうかもしれない。
無意味な1つの種の排除の為に。

ごめんなさい。
謝っても仕方のない事。
でも、貴方たちをこんな風にしてしまって本当にごめんなさい…。
[PR]
by funkydrummer59 | 2007-08-21 00:44

謝罪

滅んでしまえ。
道連れにしてしまうのは本当に申し訳ない
そんな言葉では済まされない。
ともに滅ぶ。
許されるなんて思わない。
しかし滅ぶまで、いや滅んでも分からないかもしれない。
貪欲な生き物。

ともに滅ぼう。
受け入れるのは当然だ。
[PR]
by funkydrummer59 | 2007-08-16 22:58

雲の竜

一筋の白く低い雲が、連なって流れていく。
都心部の灯りを吸収し、白く輝きながら流れていく。

まるで白い竜のよう。


その空を命尽き果てる前の蝉が、激しく木々などにぶつかりながら飛んでいく。

道には亡骸が点在する。
アスファルトの道に。
[PR]
by funkydrummer59 | 2007-08-13 23:56

内に向かうエネルギーが方向を変えてしまう瞬間がある。
外に向かって。
意に反して。

嫌な前触れ。
[PR]
by funkydrummer59 | 2007-08-03 01:16